派手な宣伝をしない

Posted by admin on 2012年6月18日 with No Comments
in

●派手な宣伝をしない

地域密着型情報雑誌や、駅やお店の入り口などに置いてあるフリーペーパーを見ると、美容院の宣伝・広告がほとんどを占めていることがあります。本当にたくさんの美容院があるんだなと少し驚いてしまうほどです。
そのような雑誌に載っている広告には、必ずと言っていいほどクーポンが付いていたりします。「初回限定に限り○%オフ!」というような形で。そういう宣伝というのは、新規の客をターゲットにしたものです。ということは、派手にクーポンを出し宣伝している美容院というのは、新規の客を大量に呼び込むことによって成り立っているのだとも考えられるのではないでしょうか。逆に言うと、固定客があまりいないのではないかという理論が成立してしまうのです。
いい美容院には固定客がたくさん根付きます。客の立場で考えたときに、いい美容院はずっと通い続けたいと思うはずです。固定客が多いなら、新規の客をたくさん呼び込む必要もないのです。
地域密着型情報雑誌や、駅やお店の入り口などに置いてあるフリーペーパーを見ると、美容院の宣伝・広告がほとんどを占めていることがあります。本当にたくさんの美容院があるんだなと少し驚いてしまうほどです。

そのような雑誌に載っている広告には、必ずと言っていいほどクーポンが付いていたりします。「初回限定に限り○%オフ!」というような形で。そういう宣伝というのは、新規の客をターゲットにしたものです。ということは、派手にクーポンを出し宣伝している美容院というのは、新規の客を大量に呼び込むことによって成り立っているのだとも考えられるのではないでしょうか。逆に言うと、固定客があまりいないのではないかという理論が成立してしまうのです。

いい美容院には固定客がたくさん根付きます。客の立場で考えたときに、いい美容院はずっと通い続けたいと思うはずです。固定客が多いなら、新規の客をたくさん呼び込む必要もないのです。

●クチコミはあてにしない

最近はクチコミサイトがとても流行しています。利用した人が、その店の評価をサイトに書き込み、それを見た人が利用するときの1つの目安にするというものです。

正直に言いますと、あまりあてにしないようにしましょう。なぜなら、インターネットというのは多くの場合で匿名で書き込むことができます。知らない誰かが書き込んでいるのです。書き込んだ人も素性がバレにくいため、本当のことではない嘘の情報であったり、誇大評価を書き込むことがあります。もちろんそれがすべてではありません。本当のことばかりを書いている人がほとんどのなかで、無責任な人が無責任なことを書いていることもあるということです。お店側が「さくら」を使っていい評価ばかりを書かせているというケースも問題になりました。

ブランド買取ならここ。

インターネットのクチコミだけを信じて、美容院を探しているという人もいるようですが、あまりおすすめできる方法ではありません。ネットのクチコミは参考程度に留めておきましょう。